今日の人気記事

  1. Chrome拡張機能「NoFollow」 - nofollow、noindexを視認
  2. Chrome拡張機能「Window Resizer」 - ブラウザをデバイスごとの画面サイズへ変更
  3. Sublime Text 3 の日本語化 - Japanize のインストール
  4. Apacheの起動・停止 - XAMPPの使い方
  5. Chrome拡張機能「WhatFont」 - Webサイトのfont-family、font-size、line-heightを確認

PHPのパスを通す - XAMPPの使い方

スポンサーリンク

XAMPPのPHPへパスを通す方法を解説します。

そこで!

ここでは、XAMPPのPHPへパスを通す方法をみていきます。

PHPのパスを通す方法 - 環境変数の設定

それでは実際にXAMPPのPHPフォルダを環境変数のPATHに追加してみましょう。


タスクバーのフォームに

「システムの詳細」と入力し


「システムの詳細設定の表示」をクリックしましょう。


すると、「システムのプロパティ」ウィンドウが表示されるので

「環境変数」をクリックしましょう。


環境変数の設定です。

システム環境変数の「Path」を選択し

「編集」をクリックしましょう。


環境変数名の編集です。

「新規」をクリックし


XAMPPのPHPフォルダを入力しましょう。

XAMPPデフォルトの設定だと「C:\xampp\php」です。


「OK」をクリックしましょう。


「OK」をクリックします。

これでPHPのパスが通りました。

これで環境変数の設定は完了です。

次は設定したPHPが適切に動作するかを確認しましょう。

PHPの動作確認


タスクバーのフォームに

「cmd」と入力し


コマンドプロンプトを起動します。


コマンドプロンプトです。

次のコマンドを実行し

C:\>php -v


このようにPHPのバージョン情報が表示されればOKです。

また、whereコマンドを実行し

C:\>where php


先ほど設定したPHPのパス情報が表示されればOKです。

関連記事(一部広告含む)