今日の人気記事

  1. Web環境のWordPressをローカル環境にコピー - MAMP
  2. WordPressをローカルにインストール - MAMP
  3. WordPressページナビゲーションを作成するプラグインWP-PageNavi
  4. ドメイン変更を伴うWordPressサイトのサーバー移転方法
  5. 管理画面にログイン・ログアウト

Web環境のWordPressをローカル環境にコピー - MAMP

スポンサーリンク

レンタルサーバーやVPSなどのWeb環境のWordPressをローカル環境(Mac)にコピーする方法を解説します。

MAMP環境の構築

MySQLデータベースの作成

スポンサーリンク

MySQLデータベースのエクスポート

MySQLデータベースのインポート

Web環境のWordPressのダウンロード

WordPressサイトのデータ(ディレクトリとファイル)をサーバーからダウンロードします。ダウンロードしたデータは、MAMP環境(Apache)のDocument Root以下に設置します(例えば、/Applications/MAMP/htdocs/wordpress)。

ダウンロードしたwp-config.phpファイルをローカル環境に合わせて、編集します。

define('DB_NAME', 'wordpress');
define('DB_USER', 'root');
define('DB_PASSWORD', 'root');
define('DB_HOST', 'localhost');

MySQLデータベースのドメイン名書き換え

エクスポートしたsqlファイルをテキストエディタ(例えば、Windowsではサクラエディタ、MacではCotEditorなど)で一括置換する方法やphpMyAdminからSQL(UPDATE)を実行する方法がありますが、これらの方法では移転先WordPressでウィジェットが表示されないなどの不具合が生じます。何よりめんどくさいので、以下のスクリプトを使用しましょう。

スクリプトのダウンロード

replace-wordpress-databases00
WordPress Serialized PHP Search Replace Tool(via Moving WordPress)からスクリプトをダンロードします。

ダウンロードしたzipファイル(searchreplacedb21.zip)を解凍します。解凍したファイル(searchreplacedb2.php)をwordpressディレクトリの直下に設置します(例えば、/Applications/MAMP/htdocs/wordpress/searchreplacedb2.php)。

スクリプトを実行するためにブラウザでhttp://localhost/wordpress/searchreplacedb2.phpにアクセスします。

ドメイン名の書き換え

ここでは以下のドメイン書き換えを実施しています。
・変更前ドメイン:http://webkaru.net/wordpress
・変更後ドメイン:http://localhost/wordpress

wordpress-mamp-copy-1
アクセスするとこのようなページが表示されます。「Submit」をクリックします。

wordpress-mamp-copy-2
wp-config.phpの情報が表示されています。確認して問題がなければ、「Submit DB details」をクリックします。

wordpress-mamp-copy-3
「Continue」をクリックします。

wordpress-mamp-copy-4
Search for(変更前ドメイン:http://webkaru.net/wordpress)
Replace with(変更後ドメイン:http://localhost/wordpress)
間違えないように!入力し、「Submit Search string」をクリックします。

wordpress-mamp-copy-6
MySQLのドメイン書き換え完了です。書き換えられた情報が表示されます。

ブラウザで、http://localhost/wordpressにアクセスし、正常に表示されればOKです。

以上、「Web環境のWordPressをローカル環境にコピー - MAMP - WordPressの使い方 」でしたー。

スポンサーリンク