今日の人気記事

  1. WordPressページナビゲーションを作成するプラグインWP-PageNavi
  2. 1ページに表示する最大投稿数を変更 - posts_per_page
  3. ドメイン変更を伴うWordPressサイトのサーバー移転方法
  4. WordPressをローカルにインストール - MAMP
  5. 管理画面にログイン・ログアウト

Markdown 記法で記事を編集 - プラグイン WP-Markdown

スポンサーリンク

WordPressの記事を「Markdown記法」で編集することを可能にするプラグイン「WP-Markdown」を紹介します。

WPプラグイン「WP-Markdown」

インストールと有効化

WordPressの管理画面左メニュー
→「プラグイン」
→「新規追加」
→「Markdown on Save Improved」を検索
→「いますぐインストール」
→「有効化」します。

スポンサーリンク

plugin-wp-markdown-01
Wordpress管理画面の左メニュー「設定」から

plugin-wp-markdown-02
「投稿設定」をクリックします。

plugin-wp-markdown-03
クリックすると「投稿設定」画面が表示されるので、下へスクロールします。

plugin-wp-markdown-04
スクロールすると「MarkDown」の設定が表示されるので、

plugin-wp-markdown-05
以下のように設定し「変更を保存」をクリックします。

  • Enable MarkDown for: 「投稿」にチェック
  • Enable MarkDown help bar for: 「Post editor」にチェック

※ 「固定ページ」「コメント」で、「Markdown 記法」を使う場合は、その他にもチェックを入れましょう。

それでは、記事をMarkdown記法で編集してみましょう。

plugin-wp-markdown-06
管理画面の左メニュー「投稿」→「新規投稿」をクリックします。

plugin-wp-markdown-07
すると、このように投稿画面に「Markdownのヘルプバー」が表示されています。

plugin-wp-markdown-08
ヘルプバーを使いながらMarkdown 記法で投稿を編集します。

plugin-wp-markdown-09
編集したMarkdownは、下の方にあるプレビューで確認することができます。

編集を完了し、記事を投稿すると以下のようにHTMLで表示されます。

<h1>Markdown</h1>
<p>WordPressの記事を「Markdown記法」を使って書いてみます。</p>
<h2>使い方</h2>
<p>テキストの<strong>調!</strong></p>
<ul>
<li>あ</li>
<li>い</li>
<li>う</li>
</ul>
スポンサーリンク