今日の人気記事

  1. ドメイン変更を伴うWordPressサイトのサーバー移転方法
  2. WordPressのフッターにウィジェットを追加する方法
  3. 1ページに表示する最大投稿数を変更 - posts_per_page
  4. WordPressページナビゲーションを作成するプラグインWP-PageNavi
  5. 管理画面にログイン・ログアウト

過去の投稿をツイートするWPプラグイン「Tweet Old post」

スポンサーリンク

過去の投稿をツイートするWPプラグイン「Tweet Old post」を紹介します。

PHPスクリプトを自作すれば、特定カテゴリの投稿をランダムにツイート!といったこともできます。こちらを参考にしくてださい。
» PHPスクリプト - WordPress 特定カテゴリの投稿をランダムにツイート

WPプラグイン「Tweet Old post」

WPプラグイン「Tweet Old post」は、過去の投稿を指定したインターバルでツイートしてくれるプラグインです。筆者は、このプラグインを利用して過去の投稿におかしな文章がないか? 記事情報が古くなっていないか? などを確認するために利用しています。便利!

インストールと有効化

WordPressのメニュー
→「プラグイン」
→「新規追加」
→「Tweet Old post」を検索
→「いますぐインストール」
→「有効化」します。

スポンサーリンク

Twitter連携アプリの認証

プラグインを有効化するとWordPressのメニューに「Tweet Old Post」が追加れるので、「Tweet Old Post」→「Tweet Old Post」をクリックします。

tweet-old-post-1
「Sign in with Twitter」をクリックします。

tweet-old-post-2
つぶやかせたいTwitterアカウントの「ユーザー名」「パスワード」を入力し、「連携アプリを認証」をクリックします。

「Tweet old post」のページにコールバックされれば、OKです。

tweet-old-post-3
「申し訳ありません。そのページは存在しません。」というページが表示された場合。

「Tweet old post」の「Tweet Old Post Admin URL」に現在のURLが入力されているかを確認します(入力されていない場合はURLをコピペ)。

tweet-old-post-8
「Update Tweet Old Post Options」をクリックします。

もう一度、「Sign in with Twitter」から「連携アプリ認証」を実施すればOKです。

設定

以下で設定例を紹介します。

tweet-old-post-5

tweet-old-post-6

項目設定例
Tweet Content(つぶやく内容)Title Only
Additional Text(付加するテキスト)過去記事
Additional Text AtBeggining of tweet(前に付加するテキスト)
Include LinkYes(ツイートにリンクを貼ります)
Use URL shortner?チェック(ショートURLを使います)
URL Shortner Servicetinyurl
Minimum interval between tweets24(1時間おきにツイート)

tweet-old-post-8
「Update Tweet Old Post Options」をクリックします。

tweet-old-post-9
「Tweet Now」をクリックし、設定通りにツイートされるかを確認します。

以上、「過去の投稿をツイートするWPプラグイン「Tweet Old post」」でしたー。

スポンサーリンク