今日の人気記事

  1. WordPressページナビゲーションを作成するプラグインWP-PageNavi
  2. ドメイン変更を伴うWordPressサイトのサーバー移転方法
  3. WordPressのマルチサイト機能で複数のサイトを管理(サブディレクトリ)
  4. WordPressをローカルにインストール - MAMP
  5. ページ上部の管理バーを非表示にする方法

スクロールによる画像の遅延読み込み - BJ Lazy Load

スポンサーリンク

スクロールによる画像の遅延読み込みさせるWordPressプラグイン「BJ Lazy Load」を紹介します。

それでは実際にプラグインの使い方をみていきましょう。

WPプラグイン - BJ Lazy Load

まず、プラグインのインストールと有効化を行いましょう。

インストールと有効化

WordPressのメニュー
→「プラグイン」
→「新規追加」
→「BJ Lazy Load」を検索
→「いますぐインストール」
→「有効化」します。

スポンサーリンク

plugin-bj-lazy-load-01
プラグインをインストール・有効化すると左メニュー「設定」→「BJ Lazy Load」が表示されるようになるので、それをクリックします。

設定項目

特に設定しなくても自動的に画像が遅延読み込みされるようになりますが、より自分のサイト環境に合わせるために設定を確認しておきましょう。

plugin-bj-lazy-load-02

  • Apply to content
    遅延ロードをコンテンツに適用する/しない
  • Apply to text widgets
    遅延ロードをテキスト・ウィジェットに適用する/しない
  • Apply to post thumbnails
    遅延ロードを投稿のサムネイルに適用する/しない
  • Apply to gravatars
    遅延ロードを画像アバターに適用する/しない
  • Lazy load images
    画像を遅延ロードする/しない
  • Lazy load iframes
    アイフレームを遅延ロードする/しない
  • Theme loader function
    BJ Lazy Loadのjsファイルをどこで読み込むか(wp_footer/wp_header)
  • Placeholder image URL
    画像読み込み前の置き換える画像URLを指定
  • Skip images with classes
    遅延ロードを適用しないクラス名を指定
  • Threhold
    画像の読み込み位置を指定(画面をスクロールしていきどこまで近づいたら画像を読み込むかを指定)
  • ifinite scroll
    利用しているテーマが ifinite scroll に対応している/対応していない
  • Load hiDPI(retina) images
    高解像度ディスプレイ(Apple の Retina など)に対応させる/対応させない
  • Load responsive
    レスポンシブ画像に遅延ロードを適用する/しない
スポンサーリンク