今日の人気記事

  1. WordPressページナビゲーションを作成するプラグインWP-PageNavi
  2. 管理画面にログイン・ログアウト
  3. 1ページに表示する最大投稿数を変更 - posts_per_page
  4. WordPressのマルチサイト機能で複数のサイトを管理(サブディレクトリ)
  5. 投稿IDとカテゴリーIDの確認

WordPressサイトのサーバー移転方法

スポンサーリンク

WordPressサイトのサーバー移転の方法を紹介します。

ここでは、利用しているレンタルサーバーを変更する場合などに必要なWordPressサイトのお引越し(移転)方法について解説します。ドメイン変更を伴うWordPressサイトの移転については以下のリンクを参考にしてください。
» ドメイン変更を伴うWordPressサイトのサーバー移転方法

MySQLのエクスポート

phpmyadminを利用して、移転前のMySQLデータベースをエクスポート(sqlファイルのダウンロード)します。
» MySQLデータベースのエクスポート

データベースの作成

移転先にWordPressサイトのデータをインポートするためのMySQLデータベースを作成します。
» MySQLデータベースの作成

スポンサーリンク

MySQLのインポート

ダウンロードしたsqlファイルを作成した移転先のMySQLデータベースをインポートします。
» MySQLデータベースのインポート

WordPressファイルのダウンロード

WordPressサイトのデータ(ディレクトリとファイル)をサーバーからダウンロードします。FTPクライアントを使って、ダウンロードするのが普通ですがレンタルサーバーによっては、コントロールパネルから圧縮されたファイルをダウンロードすることができます。こちらの方が格段にはやいので、使用しているレンタルサーバーの機能を確認しみましょう。
» データのバックアップ – エックスサーバー

また、念のためサーバー移転後もバックアップとして一定期間保存しておきましょう。

WordPressファイルのアップロード

ダウンロードしたwp-config.phpファイルを移転先のMySQLデータベース情報に修正します。

define('DB_NAME', '****');
define('DB_USER', '****');
define('DB_PASSWORD', '****');
define('DB_HOST', '****');

次にダウンロードしたデータを移転先のサーバーへアップロードします。その際、.htaccessなど不可視ファイルのアップロードも忘れずに行いましょう。

DNSネームサーバーの変更

MySQLデータベースとデータの移転が完了したら、次はDNSネームサーバーの設定を変更しましょう。使用しているドメインが新しいレンタルサーバーの方へ向くように設定します。

ここではムームードメインで管理しているドメインをエックスサーバー(移転先)で利用する場合の設定を例として紹介します。

» ムームードメインへアクセスします。

xserver-domain-add-10
メニューから「コンパネ」をクリックします。

xserver-domain-add-11
「ムームーID」「ムームーパスワード」を入力し、「ログイン」をクリックします。

xserver-domain-add-12
左サイドメニューのドメイン管理から「ドメイン操作」→「ドメイン一覧」をクリックし、エックスサーバーに追加したドメインをクリックします。ここでは「karuma.net」。

xserver-domain-add-13
選択したドメイン情報が表示されます。ページ下部の「ネームサーバ設定変更」をクリックします。

xserver-domain-add-14
ネームサーバ設定変更です。ページをずーっと下の方へスクロールし、「取得したドメインで使用する」にチェックを入れ、ネームサーバーを入力します。

ネームサーバー1: ns1.xserver.jp
ネームサーバー2: ns2.xserver.jp
ネームサーバー3: ns3.xserver.jp
ネームサーバー4: ns4.xserver.jp
ネームサーバー5: ns5.xserver.jp

入力が終わったら「ネームサーバ設定変更」をクリックします。

これでネームサーバの設定は完了です。しばらくするとネームサーバーの設定が徐々に反映されていきます。

スポンサーリンク