今日の人気記事

  1. PHP + Apache 環境の構築
  2. HTML内でPHPスクリプトを実行 - 埋め込み
  3. PHPのダウンロードとインストール - Windows環境
  4. PHP + Apacheのインストール - Linux環境 - CentOS
  5. 日本語環境の設定 - mbstring

if、else、elseif - 条件分岐

スポンサーリンク

ここではPHPの基本構文「if、else、elseif」を使った条件分岐について解説します。

if - 条件分岐

if、else、elseif とは、PHPスクリプトを条件によって振り分けるための制御文です。条件によって異なる処理を行う場合に利用し、頻繁に利用します。

ひとつの条件を満たす場合にのみ処理を行う場合は「if」を使って、以下のように記述します。

if( 条件 ) {
 /* 条件を満たす場合に行う処理 */
}

ひとつの条件を満たす場合/満たさない場合に異なる処理を行う場合は「else」を使って、以下のように記述します。

if( 条件 ) {
 /* 条件を満たす場合に行う処理 */
} else {
 /* 条件を満たさない場合の処理 */
}

複数の条件がある場合は「elseif」を使って、以下のように記述します。

if( 条件① ) {
 /* 条件①を満たす場合に行う処理 */
} elseif ( 条件② ) {
 /* 条件②を満たす場合に行う処理 */
} else {
 /* 条件①も条件②を満たさない場合の処理 */
}

あるいはコロン「:」を使って以下のように記述することができます。

if( 条件① ) :
 /* 条件①を満たす場合に行う処理 */
elseif ( 条件② ) :
 /* 条件②を満たす場合に行う処理 */
else :
 /* 条件①も条件②を満たさない場合の処理 */
endif;
スポンサーリンク

サンプルスクリプト

それでは「if」のサンプルスクリプトをみてみましょう。

<?php
$a = 15;

if( $a < 10 ){
  echo "10より小さい \n";
} elseif( $a < 20 ){
  echo "10以上で 20より小さい \n";
} else {
  echo "30以上 \n";
}
?>

変数「$a」の値は「15」なので、以下のような実行結果になります。

実行結果です。

10以上で 20より小さい

変数「$a」の値は「15」なので、このような結果になります。

変数の値を変更したり、条件を変更してスクリプトをカスタマイズしてみましょう。

次は「switch、case - 条件分岐」をみてみましょう。

スポンサーリンク