今日の人気記事

  1. PHP + Apache 環境の構築
  2. PHP + Apacheのインストール - Linux環境 - CentOS
  3. HTML内でPHPスクリプトを実行 - 埋め込み
  4. PHPのダウンロードとインストール - Windows環境
  5. PHPスクリプト - 基本的な記述方法 - 書き方の基本

リソース型の種類を取得 - get_resource_type()

スポンサーリンク

プログラミング言語PHPで、リソース型の種類を確認する関数 get_resource_type()を紹介します。

get_resource_type関数

string get_resource_type ( resource $handle )
指定した変数のリソース型の種類を取得します。
引数
$handle
リソース型の種類を確認する変数を指定します。
返り値
指定した変数がリソース型の場合はには、リソースの種類を返します。
スポンサーリンク

サンプルコード

指定した変数がリソース型かどうかを確認するサンプルコードです。

get_resource_type( リソース )
<?php
$var1 = fopen('test.php','r');
$var2 = fopen('http://webkaru.net/php','r');
$var3 = mysql_connect("localhost","root","root","wordpress");

var_dump( get_resource_type($var1) );
var_dump( get_resource_type($var2) );
var_dump( get_resource_type($var3) );
?>

実行結果です。リソース型の種類("stream"、"mysql link")がstring型で返されています。

string(6) "stream"
string(6) "stream"
string(10) "mysql link"
スポンサーリンク