今日の人気記事

  1. HTML内でPHPスクリプトを実行 - 埋め込み
  2. PHP + Apache 環境の構築
  3. PHP + Apacheのインストール - Linux環境 - CentOS
  4. PHPのダウンロードとインストール - Windows環境
  5. PHPスクリプト - 基本的な記述方法 - 書き方の基本

フォームから POST で送信されたデータを表示

スポンサーリンク

HTML のフォームから POST で送信されたデータを表示するサンプルコードを紹介します。

サンプルコード

サンプルコードは「HTML フォーム(form-post1.php)」と「POST で送信されたデータを表示(form-post2.php)」する2つのスクリプトからなります。

HTML フォーム

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>フォームからPOSTで送信されたデータを表示 - サンプル1 - PHP入門</title>
</head>
<body>
<form method="POST" action="form-post2.php">
<label>名前を入力してください:</label>
<input type="text" name="onamae" /><br />
<label>メールアドレスを入力してください:</label>
<input type="text" name="mail" />
<input type="submit" value="送信" />
</form>
</body>
</html>

ここではデータを POST で送信するので form タグの method 属性には「POST」を、送信先は action 属性で指定している「form-post2.php」となっています。

input タグの name 属性に指定した値が変数 $_POST に自動的にセットされます。

スポンサーリンク

POST で送信されたデータを表示

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>フォームからPOSTで送信されたデータを表示 - サンプル2 - PHP入門 - Webkaru</title>
</head>
<body>
<?php
  echo $_POST["onamae"] ."さんのメールアドレスは". $_POST["mail"] ."です。";
?>
</form>
</body>
</html>

変数 $_POST にセットされた「onamae」「mail」の値を表示します。

サンプル

form-post-01
ブラウザーで「サンプル」にアクセスすると、このようにフォームが表示されるので、

form-post-02
「名前」「メールアドレス」を入力し、「送信」をクリックします。

すると、「form-post2.php」へページが切り替わり

form-post-03
このように POST で送信されたデータを表示することができます。

スポンサーリンク