今日の人気記事

  1. PHP + Apache 環境の構築
  2. PHPのダウンロードとインストール - Windows環境
  3. HTML内でPHPスクリプトを実行 - 埋め込み
  4. PHP + Apacheのインストール - Linux環境 - CentOS
  5. 日本語環境の設定 - mbstring

foreach - 配列要素の繰り返し処理

スポンサーリンク

ここではPHPスクリプトで foreach を使った繰り返しについて解説します。

foreach - 配列要素の繰り返し処理

foreach とは、配列要素の数だけ繰り返し処理を行う制御構文です。配列値や配列キーを変数として格納できるので、配列を使った繰り返し処理に大変有効です。

配列キー使わない/使う場合のforeach制御構文を順にみていきましょう。

配列キーを使わない場合

配列キーを使わない場合のforeach構文です。繰り返し処理を行う「配列」と「配列値の変数」を指定します。

<?php
foreach ( 配列 as 配列値の変数 ) {
  処理
}
?>

あるいはコロン「:」「endforeach」を使って、以下のように記述します。

<?php
foreach ( 配列 as 配列値の変数 ) :
  処理
endforeach;

配列キーを使う場合

配列キーを使う場合のforeach構文です。繰り返し処理を行う「配列」と「配列キーの変数」「配列値の変数」を指定します。

<?php
foreach ( 配列 as 配列キーの変数 => 配列値の変数 ) {
  処理
}
?>

あるいはコロン「:」「endforeach」を使って、以下のように記述します。

<?php
foreach ( 配列 as 配列キーの変数 => 配列値の変数 ) :
  処理
endforeach;
スポンサーリンク

それでは「foreach」のサンプルスクリプトをみてみましょう。

サンプルスクリプト - 配列キーを使わない場合

まずは、配列キーを使わない場合をみてみましょう。配列変数「$a」の要素数だけ繰り返し処理を行うサンプルスクリプトです。

<?php
$a = [1, 2, 'Hello'];
foreach ( $a as $value ) {
  echo $value ."\n";
}
?>

実行結果です。配列変数「$a」の値を変数「$value」に格納しているので、このように実行結果になります。

1
2
Hello

サンプルスクリプト - 配列キーを使う場合

次は、配列キーを使う場合です。配列変数「$a」の要素数だけ繰り返し処理を行うサンプルスクリプトです。繰り返しの際に値だけでなく配列キーも変数に格納します。

<?php
$a = ['A'=>1, 3=>2, 'Z'=>'Hello'];
foreach ( $a as $key => $value) {
  echo $key .",". $value ."\n";
}
?>

実行結果です。配列値と配列キーが読み込まれていることがわかります。

A,1
3,2
Z,Hello

次は「while - 繰り返し処理」をみてみましょう。

スポンサーリンク