今日の人気記事

  1. tar - アーカイブの作成・展開 - Linuxコマンド
  2. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  3. ssh-keygen - 認証用の鍵を生成 - Linuxコマンド
  4. コマンドリファレンス
  5. gzip - ファイルを圧縮・展開 - Linuxコマンド

おすすめのLinuxディストリビューション - 利用率から比較

スポンサーリンク

Linuxには、さまざまディストリビューションがあります。有名なところだと、「Debian」「CentOS」「Ubuntu」でしょうか。他にもたくさんあります。その中からどのディストリビューションを選べばいいのか? 利用率を比較しながら、おすすめのLinuxディストリビューションを紹介します。

・追記
利用率の割合に大きな変化があったので、2013年4月に投稿した記事を11月版として修正しました。

Linuxディストリビューションの利用率推移

W3Techの「Historical trends in the usage of Linux versions, November 2013」という記事で算出されているLinuxディストリビューションの利用率を引用させていただきました。

スポンサーリンク

利用率のグラフ

os-linux
2012年11月〜2013年11月までのLinuxディストリビューションの推移です。

順位ディストリビューション名利用率(2012年11月)利用率(2013年11月)ベースシステム
1Debian32.0%32.7%Debian系
2Ubuntu21.1%26.2%Debian系
3CentOS27.9%25.8%Red Hat系
4Red Hat10.6%8.7%Red Hat系
5Fedora3.7%2.6%Red Hat系
6Gentoo1.4%2.0%独立系
7SuSE2.4%1.6%Slackware系
8Turbolinux0.1%0.1%Slackware系
9Scientific Linux0.1%0.1%Red Hat系
10Mandriva0.1%0.1%Red Hat系
11CloudLinux0.1%0.1%

2013年11月の利用率は、1位「Debian」の32.7%、2位「Ubuntu」の26.2%、3位は「CentOS」の25.8%となっています。

特筆すべきは「Ubuntu」。この1年で5.1%も利用率が増え、10月20日くらいになんと!「CentOS」の利用率を抜いています。「Debian」も0.7%増。対して、「CentOS」は2.1%減、「Red Hat」は1.9%減です。「Ubuntu」と「Debian」というベースシステムにDebian系を利用したディストリビューションが強いですね。

ベースシステムごとの利用率をみてみましょう。

順位ベースシステム利用率(2013年11月)利用率(2013年11月)
1Debian系53.1%58.9%
2Red Hat系42.4%37.3%
3Slackware系2.5%1.7%

Debian系は昨年の53.1%から大きく上回り58.9%に。なんと5.8%増えています。Red Hat系は昨年の42.4%から37.3%になり、5.1%も減少しています。

「Debian系 vs Red Hat系」では、Debian系の圧倒的勝利ですね。

DebianユーザーがUbuntuに流れているかと思いきや(ベースシステムが同じなので)、Debianも増。元々サーバー用途として人気のあった「Debian」と「Ubnutu」の人気が相まって、純粋にDebian系のベースシステムが人気が高まったようです。以前は圧倒的な人気を誇ったRed Hat系も今や下火に……。

このまま「Ubuntu」の人気が高まっていくと数年後には「Debian」を交わして首位になっているかもしれません。同じDebian系の「Debian」と「Ubuntu」を比較してみましょう。

サーバー用途として根強い人気を誇る「Debian」の唯一の難点は、セキュリティサポートが3年程度と短いこと。対して、「Ubuntu」にはLTSという長期サポート(Long Term Support)があります。デスクトップ版で3年(ver.12.04から5年に)、サーバー版で5年のサポート(セキュリティアップデートの提供)をしてくれます。

ちなみに「CentOS」のサポート期間は、10年です(必要不可欠なセキュリティパッチ配布のみ)。

「Ubuntu」の難点は、ディストリビューションとしての歴史が浅い(2004年に初リリース)ことによる設定などのドキュメントが少なさ! と思っていましたが、利用率が増えたことによって解消されつつあります(もう解消してるかな)。

おすすめ! Linuxディストリビューション

ということで……。

ディストリビューション利用率、Linuxディストリビューション総選挙、管理人の主観から算出した……おすすめのLinuxディストリビューションは!

第1位:「Debian」

利用率第1位のディストリビューション。未だ衰えることなく、その強さを盤石なものに仕上げているディストリビューション界の横綱。サーバー構築ならDebianでしょう。

第2位:「Ubuntu」

圧倒的な利用率の伸び!今もっとも熱い!ホットなディストリビューション。金星をあげる日も近いかっ!

第3位:「CentOS」

残念ながら、過去の力強さはなく……。角番で転落寸前なので、3位とさせていただきました。

スポンサーリンク