今日の人気記事

  1. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  2. SSHの設定と使い方
  3. tar - アーカイブの作成・展開 - Linuxコマンド
  4. ファイルの解凍・圧縮 - Linuxコマンド一覧(.zip .gz .Z .bz2 tar.gz .tgz tar.Z .taz .tar.bz2 .tbz2)
  5. ssh-keygen - 認証用の鍵を生成 - Linuxコマンド

コマンドラインの操作

スポンサーリンク

「カーソル移動」「文字削除」「補完」……といったコマンドラインの基本操作方法を紹介します。

コマンドラインの操作

コマンドラインのカーソル移動

キーボードの矢印キーでもカーソルを移動できますが、慣れてくるとショートカットキーの方が便利なので、少しずつ慣れていきましょう。

キー操作
Ctrl + a行の先頭へ移動
Ctrl + b左に1文字移動
Ctrl + e行の最後へ移動
Ctrl + f右に1文字移動
スポンサーリンク

文字列の削除

文字列を削除するショートカットキーです。

キー操作
Ctrl + dカーソル上の文字を1文字削除
Ctrl + hカーソルの左側の文字を1文字削除
Ctrl + kカーソルより右側の文字列を削除
Ctrl + uカーソルより左側の文字列を削除
Ctrl + y最後に削除した文字列を貼り付け(取り出し)

コマンドやファイル・ディレクト名を補完

コマンドラインには強力な補完機能が用意されています。補完機能とは入力した文字列に続くコマンドやファイル・ディレクトリなどのリストを表示する機能のことです。これが大変便利なので「Tab」キーを連打しましょう。

キー操作
Tabコマンドやファイル・ディレクト名を補完
Esc ?補完候補のリストを表示
Esc /ファイル名として補完
Esc !コマンド名として補完
Esc $変数名として補完

コマンドラインで「Tab」キーを使うと、コマンドやファイル・ディレクトリ名を補完することができます。

例えば、emacsコマンドを実行するときに補完機能を使ってみましょう。

$ ema ← Tabキーを押します
$ emacs ← コマンドが補完されます。

次はファイル名の補完をみてみましょう。候補が複数ある場合は、このように候補の一覧が表示されます。

$ vi file ← Tabキーを押します
file1  file2  file3  

「Esc ?」キーを押して、補完候補のリストを表示してみましょう。

$ apt ← Esc ? キーを押すと以下のリストが表示されます
apt-cache                     apt-get                       aptitude
apt-cdrom                     apt-key                       aptitude-create-state-bundle
apt-config                    apt-listchanges               aptitude-curses
apt-extracttemplates          apt-mark                      aptitude-run-state-bundle
apt-ftparchive                apt-sortpkgs                  

その他の操作

キー操作
Ctrl + cコマンドなどの処理を中断
Ctrl + l画面をクリア
Ctrl + z処理を一時停止

一時停止した処理を再開する場合は「bgコマンド」「fgコマンド」を使います。

スポンサーリンク