今日の人気記事

  1. GoogleにホストされているjQueryファイルの読み込み
  2. CDNにホストされているjQueryファイルの読み込み
  3. .click() 関数 - クリックイベント
  4. jQueryファイルの読み込み
  5. .ready() 関数

ユニバーサルセレクター(“*”)

スポンサーリンク

jQueryのユニバーサルセレクターの解説をします。

ユニバーサルセレクター(“*”)は、アスタリスクで記述され、オールセレクターとも呼ばれます。機能はLinuxでいうところのワイルドカード、すべての要素を選択します。

サンプル/デモ① - セレクターとして(“*”) のみを使用

セレクターとして(“*”) のみを使用すると、すべての要素に適用されます。サンプル①では、すべてのcssのcolorがredになります。

<script>
$(document).ready(function () {
  $("*").css("color", "red");
});
</script>

「ユニバーサルセレクター(“*”)」のサンプル①

スポンサーリンク

ソース①( HTML + jQuery )


<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8" />
<meta name="description" content="Universal Selector①のデモでーす。">
<title>ユニバーサルセレクター - jQuery入門</title>
<script src="http://code.jquery.com/jquery-1.9.1.js"></script>
<script>
$(document).ready(function () {
	$("*").css("color", "red");
});
</script>
</head>
<body>
<h1>Universal Selectorのサンプルでーす。</h1>
<p>すべての</p>
<div>要素が</div>
<h2>真っ赤になります。</h2>
</body>
</html>

universal-selector-01
サンプル①をブラウザで確認するとこのように表示されます。

すべてのcss要素が真っ赤っ赤になっていることがわかりますね。

サンプル/デモ② セレクターとしてidと(“*”)を使用

セレクターとしてidと (“*”)を使用すると、指定したid内のすべての要素に適用されます。デモ②では、#universal内すべてのcssのcolorがredになります。

<script>
$(document).ready(function () {
  $("#universal *").css("color", "red");
});
</script>

「ユニバーサルセレクター(“*”)」のサンプル②

ソース②( HTML + jQuery )


<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8" />
<meta name="description" content="Universal Selector②のデモでーす。">
<title>ユニバーサルセレクター② - jQuery入門</title>
<script src="http://code.jquery.com/jquery-1.9.1.js"></script>
<script>
$(document).ready(function () {
  $("#universal *").css("color", "red");
});
</script>
</head>
<body>
<h1>Universal Selectorのデモでーす。</h1>
<p>指定した要素内のすべてが</p>
<div id="universal"><p>真っ</p><ul><li>赤に</li></ul></div>
<h2>になります。</h2>
</body>
</html>

universal-selector-02
サンプル②をブラウザで確認するとこのように表示させてます。

指定したid(#universal)内の要素が赤くなっていることがわかりますね。

スポンサーリンク