今日の人気記事

  1. GoogleにホストされているjQueryファイルの読み込み
  2. CDNにホストされているjQueryファイルの読み込み
  3. .click() 関数 - クリックイベント
  4. jQueryファイルの読み込み
  5. jQueryセレクター一覧

:selectedセレクター

スポンサーリンク

jQueryの:resetセレクターの解説をします。

:selectedセレクターは、選択されたセレクトボックスを選択するフィルターです。

<select>
  <option>選択要素①</option>
  <option>選択要素②</option>
  <option>選択要素③</option>
  <option>選択要素④</option>
</select>

サンプル/デモ

では、「:selectedセレクター」の動きを簡単なサンプルで確認してみましょう。

サンプルでは、セレクトボックスから選択要素を選択すると選択要素のテキストをアラートとして、表示するように設定しています。

<script>
$("select").change(function () {
  var str = $(":selected").text();
  alert(str); 
});
</script>

「:selectedセレクター」のサンプル

スポンサーリンク

ソース( HTML + jQuery )


<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8" />
<meta name="description" content=":selectedセレクターのサンプル/デモでーす。">
<title>:selectedセレクター - jQuery入門</title>
<script src="http://code.jquery.com/jquery-2.0.0.js"></script>
</head>
<body>
<form>
  <textarea></textarea>
  <input type="password"/>
  <input type="checkbox"/>
  <label>チェック</label>
  <input type="reset"/>
  <select>
    <option>選択要素①</option>
    <option>選択要素②</option>
    <option>選択要素③</option>
    <option>選択要素④</option>
  </select>
  <input type="radio"/>
  <button>ボタン</button>
</form>
</body>
<script>
$("select").change(function () {
  var str = $(":selected").text();
  alert(str); 
});
</script>
</body>
</html>

selected-selector-01
サンプルをブラウザで確認するとこのように表示されます。

selected-selector-02
セレクトボックスを選択するとアラートが表示されます。

スポンサーリンク