今日の人気記事

  1. Sublime Text 3 の日本語化 - Japanize のインストール
  2. Sublime Text - Package Control のインストール
  3. Windows - Sublime Text 3 のダウンロードとインストール
  4. Chrome拡張機能「Window Resizer」 - ブラウザをデバイスごとの画面サイズへ変更
  5. Sublime Text 3 - インデントの設定(スペース・タブ)

Bash - シェルスクリプトでサウンド(アラート)を鳴らす方法

スポンサーリンク

Bash で記述したシェルスクリプト内で、アラートなどのサウンドを鳴らす方法を紹介します。

ここでは「printfコマンド」と「afplayコマンド」を使った 2つの方法を紹介します。

printfコマンド

printfコマンドの警告音エスケープシーケンス「\a」を使って、アラートサウンドを鳴らします。

#!/bin/bash

# アラート
printf '\a'

このシェルスクリプト実行すると聞き慣れたアラート音が鳴ります。

スポンサーリンク

afplayコマンド

次はafplayコマンドを使ってサウンドを鳴らす方法をみていきます。

#!/bin/bash

# アラート
afplay /System/Library/Sounds/Basso.aiff

このように afplayコマンドを使うと、サウンドファイルを選択することができます。

サンプルスクリプト

サウンドファイルの選択が可能なので、シェルスクリプトの条件分岐などを使って、異なるサウンドを鳴らす……なんて対応もすることができます。

#!/bin/bash

# 数字の入力
read -p "数字を入力してください = " number

if [ $number -eq 0 ]; then
  afplay /System/Library/Sounds/Basso.aiff
else
  afplay /System/Library/Sounds/Frog.aiff
fi

このようにafplayコマンドを使えば、入力した数字によって、異なるサウンドを鳴らすスクリプトが作成できすね。

スポンサーリンク