今日の人気記事

  1. サンプルプログラム集
  2. LinuxでC言語 - コンパイラ(gcc)のインストール
  3. MinGW - gccのコンパイルと実行 - Windows環境
  4. printf関数の変換指定子
  5. MinGW - gcc のインストール - Windows環境

乱数 - サイコロをつくってみよう

スポンサーリンク

乱数を使って、サイコロをつくってみましょう。

ここではrand関数を使って乱数を生成し、1〜6の数字をランダムに出力するサンプルプログラムを紹介します。

サイコロ

それではサイコロをつくってみましょう。

rand() % 6 + 1

「6」で割った余りに1を足した値を「サイコロの出目」として、出力します。

※「6」で割った余りの数値は「0 〜 5」なので、「1」を足して「1 〜 6」のランダムな数値を取得します。

スポンサーリンク

サンプルプログラム

それではサンプルプログラムをみてみましょう。

/*
 * C言語のサンプルプログラム - Webkaru
 * - 乱数 - サイコロをつくってみよう - 
 */
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <time.h>

int main(void){

  int s;

  /* 乱数の種を初期化 */
  srand(time(NULL));

  /* サイコロを振る */
  s = rand() % 6 + 1;

  /* サイコロの出目を出力 */
  printf("サイコロの出目 = %d \n", s);

  return 0;
}

実行結果

いくつかの実行結果です。

サイコロの出目 = 4
サイコロの出目 = 5 
サイコロの出目 = 6 
サイコロの出目 = 1 

このように「サイコロの出目」として、1〜6の数字を出力します。

スポンサーリンク