今日の人気記事

  1. サンプルプログラム集
  2. LinuxでC言語 - コンパイラ(gcc)のインストール
  3. MinGW - gccのコンパイルと実行 - Windows環境
  4. MinGW - gcc のインストール - Windows環境
  5. printf関数の変換指定子

if 〜 else文 - 条件分岐

スポンサーリンク

ここではC言語の基本構文 if 〜 else文を紹介します。

if 〜 else文

if 〜 else文は、条件式を満たす「真(true)」の場合、条件を満たさない「偽(false)」の場合の両方で何かしらの処理を行う場合に利用します。

if(条件式)
  真のときの処理;
else
  偽のときの処理;

「条件式」が真の場合には「真のときの処理」、偽の場合は「偽のときの処理」を実行します。

処理が複数行ある場合は以下のように「if」「else」ともに「処理」を波括弧「{」と「}」の間に記述します。

if(条件式) {
  真のときの処理1;
  真のときの処理2;
  …
} else {
  偽のときの処理1;
  偽のときの処理2;
  …
}

処理がひとつの場合でも以下のように「処理」を波括弧「{」と「}」の間に記述することができます。

if(条件式) {
  真のときの処理1;
} else {
  偽のときの処理1;
}

それでは実際に if 〜 else文を使ってみましょう。

スポンサーリンク

サンプルプログラム

入力した数値が「0以外」であれば真の処理を、「0」の場合は偽の処理を行うサンプルプログラムです。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
  /* 変数の宣言 */
  int a;

  /* 数値の入力 */
  printf("数値を入力してください = ");
  scanf("%d", &a);

  /* 条件分岐 */
  if (a) {
    // 真のときの処理
    printf("真(true)だよ。\n");
    printf("%d\n", a);
  } else {
    // 偽のときの処理
    printf("偽(true)だよ。\n");
    printf("%d\n", a);
  }

  return 0;
}

実行結果です。

数値を入力してください = 0
偽(true)だよ。
0

ここでは「0」を入力したので、「偽のときの処理」が行われています。

次は if文for文while文などの条件式で利用する「比較演算子」をみていきます。

スポンサーリンク