今日の人気記事

  1. サンプルプログラム集
  2. MinGW - gccのコンパイルと実行 - Windows環境
  3. MinGW - gcc の環境設定(パスを通す) - Windows環境
  4. MinGW - gcc のインストール - Windows環境
  5. LinuxでC言語 - コンパイラ(gcc)のインストール

do 〜 while文 - 繰り返し処理

スポンサーリンク

繰り返し処理を行う do 〜 while文を紹介します。

do 〜 while文

do 〜 while文は同じ処理を繰り返し実行する構文です。

do{
  処理;
}while(条件式);

このように do 〜 while文は、while文とは異なり「条件式」を後ろに記述しているので、1回処理を行った後で「条件式」が判定されます。そのため、判定結果が真(true)でも偽(false)でも必ず1回は「処理」が行われます。

その後は条件式が真(true)であれば、ずーっと「処理」を繰り返し行います。

スポンサーリンク

それでは do 〜 while文を実際に使ってみましょう。

サンプルプログラム

同じ条件式で while文 と do 〜 while文の振る舞いを確認するサンプルプログラムです。

#include <stdio.h>

int main(void){

  /* 変数の宣言 */
  int i = 10;

  /* while 文:繰り返し処理 */
  while(i<5) {
    printf("while文だよ\n");
  }

  /* do 〜 while 文:繰り返し処理 */
  do{
    printf("do 〜 while文だよ\n");
  }while(i<5);

  return 0;
}

実行結果です。

do 〜 while文だよ

同じ条件式(i<5)、変数「i」が「5」より小さければ真。変数には数値「10」が格納されているので、条件式の判定は偽(false)です。偽であっても do 〜 while文では1回だけ処理が実行されていることが分かりますね。

次はfor文やwhile文などの繰り返し処理のループ抜ける場合に使用する構文「break文」をみていきます。

スポンサーリンク