今日の人気記事

  1. サンプルプログラム集
  2. MinGW - gcc のインストール - Windows環境
  3. MinGW - gccのコンパイルと実行 - Windows環境
  4. LinuxでC言語 - コンパイラ(gcc)のインストール
  5. MacでC言語 - コンパイラ(gcc)のインストール - Xcode - Command Line Tools

入力した文字列の文字数を表示(出力)

スポンサーリンク

入力した文字列の文字数を表示(出力)するサンプルプログラムを紹介します。

サンプルプログラム

まず、入力した文字列を char型の配列に格納します。次に配列に格納した文字を for文を使って、配列の文字がヌル値になるまで、1文字ずつカウントし、文字数を取得します。

スポンサーリンク
/*
 * C言語のサンプルプログラム - Webkaru
 * - 入力した文字列の文字数を表示(出力) -
 */
#include <stdio.h>

int main()
{

  int i;

  /* 文字列 */
  char moji[100];

  /* 文字列の入力 */
  printf("文字列を入力してください = ");
  scanf("%s", moji);

  /* 文字数をカウント */
  for(i=0; moji[i]!='\0'; ++i);

  /* 文字数を出力 */
  printf("入力した文字列は「%d」文字です。\n",i);

  return 0;
}

サンプルプログラムで使っている構文

実行結果

いくつかの実行結果です。

文字列を入力してください = ABC
入力した文字列は「3」文字です。
文字列を入力してください = 012XYZabc
入力した文字列は「9」文字です。

このように入力した文字列の文字数を返します。

スポンサーリンク