今日の人気記事

  1. サンプルプログラム集
  2. LinuxでC言語 - コンパイラ(gcc)のインストール
  3. MinGW - gccのコンパイルと実行 - Windows環境
  4. MinGW - gcc のインストール - Windows環境
  5. printf関数の変換指定子

入力した3辺の長さから三角形の種類を判別

スポンサーリンク

入力した3辺の長さから三角形の種類を判別するサンプルプログラムを紹介します。

三角形の種類

check-type-triangle-01

三角形 \(ABC\) の 3辺の長さ \(a\)、\(b\)、 \(b\) を入力し

  • 正三角形
  • 直角三角形
  • 二等辺三角形
  • 不等辺三角形(3つの辺の長さが異なる三角形)

などの三角形の種類を判別します。

スポンサーリンク

サンプルプログラム

それではサンプルプログラムをみてみましょう。

/*
 * C言語のサンプルプログラム
 * - 入力した3辺の長さから三角形の種類を判別 -
 */
#include <stdio.h>
#include <math.h>

int main() {

  /* 三角形の辺 */
  float a, b, c;

  /* 辺の長さを入力 */
  printf("三角形の3辺の長さを入力:\n");
  printf("辺 a = ");
  scanf("%f", &a);
  printf("辺 b = ");
  scanf("%f", &b);
  printf("辺 c = ");
  scanf("%f", &c);

  /* 三角形の種類を判別・出力 */
  if ((a + b > c && a + c > b && b + c > a)
      && (a > 0 && b > 0 && c > 0)) {
    if (a == b && b == c) {
      printf("正三角形\n");
    } else if (a*a + b*b == c*c || a*a + c*c == b*b || b*b + c*c == a*a) {
      printf("直角二等辺三角形\n");
    } else if (a == b || b == c || a == b) {
      printf("二等辺三角形\n");
    } else {
      printf("不等辺三角形\n");
    }
  } else {
    printf("その3辺では三角形をつくれません。\n");
  }

   return 0;
}

サンプルプログラムで使っている構文

実行結果

いくつかの実行結果です。

三角形の3辺の長さを入力:
辺 a = 1
辺 b = 1
辺 c = 1
正三角形
三角形の3辺の長さを入力:
辺 a = 1
辺 b = 2
辺 c = 3
その3辺では三角形をつくれません。
三角形の3辺の長さを入力:
辺 a = 3
辺 b = 4
辺 c = 5
直角二等辺三角形
三角形の3辺の長さを入力:
辺 a = 3
辺 b = 3
辺 c = 5
二等辺三角形

このように三角形の種類を判別します。

スポンサーリンク