今日の人気記事

  1. サンプルプログラム集
  2. 配列に格納した数値を昇順ソート
  3. MinGW - gccのコンパイルと実行 - Windows環境
  4. LinuxでC言語 - コンパイラ(gcc)のインストール
  5. MinGW - gcc のインストール - Windows環境

四則演算 - 算術演算子

スポンサーリンク

算術演算子を使って、C言語で四則演算を行ってみましょう。

四則演算 - 算術演算子

まずは、四則演算に利用する算術演算子(+、-、*、/、%)を確認します。

演算子概要
+x + y足し算。
-x - y引き算。
*x * yかけ算。
/x / y割り算。
%x % y剰余算。x / y の余りを計算。
スポンサーリンク

算術演算子の概要を確認したら、次はサンプルプログラムで四則演算を行ってみましょう。

サンプルプログラム - printf関数

まずは、printf関数を使ったサンプルプログラムです。

#include <stdio.h>

int main(void) {

  printf("1 + 2 = %d\n", 1+2);
  printf("4 - 3 = %d\n", 4-3);
  printf("5 * 6 = %d\n", 5*6);
  printf("6 / 2 = %d\n", 6/2);
  printf("7 / 2 の余り = %d\n", 7%2);

  return 0;
}

このプログラムでは、このように printf関数のカンマ「,」の後ろにある式部分で四則演算を行っています。

実行結果です。

1 + 2 = 3
4 - 3 = 1
5 * 6 = 30
6 / 2 = 3
7 / 2 の余り = 1

四則演算が適切に行われていますね。

サンプルプログラム - 変数

次は、値を代入した変数を使って四則演算を行ってみましょう。

#include <stdio.h>

int main(void) {

  int a, b, c;
  a = 8;
  b = 7;

  c = a + b;
  printf("a + b = %d\n", c);

  c = a * b;
  printf("a * b = %d\n", c);

  float x, y, z;
  x = 7.1;
  y = 3.6;

  z = x * y;
  printf("x * y = %f\n", z);

  z = x / y;
  printf("x / y = %f\n", z);

  return 0;
}

計算結果を想定して、整数型と浮動小数点数型を分けて使いましょう。

実行結果です。

a + b = 15
a * b = 56
x * y = 25.560000
x / y = 1.972222

次は「代入演算子」をみていきます。

スポンサーリンク